男性の育毛体験談

アデランスのシャンプーは効果なし?61才会社員男性の薄毛対策や体験談

アデランスのシャンプーは効果なし

性別: 男性

年齢: 61才

職業:会社員

抜け毛に悩み始めた年齢:20才

抜け毛に悩んだ時期:40年間

抜け毛に悩んでいる部位:頭のてっぺん

家系にハゲはいる?:母方の祖父

行っていた育毛対策や効果:アデランスの薄毛対策用のシャンプーを購入しました。

育毛対策の期間と効果内容:アデランスで購入したシャンプーは、20年間使用しましたが、産毛が生えた程度です。

 

 

アデランスのシャンプーに劇的な効果なし

 

最初はアデランスのシャンプー「へアリプロ」を購入して使ってみましたが、抜け毛が減る事もなく効果はありませんでした。

 

その後に、どこのメーカーかは忘れましたが、頭に丸いプラスチックのボ-ルのようなものをかぶり、空気圧を利用して、頭をマッサージする器械を購入しましたが、あまり効果はありませんでした。

 

それと、頭皮を針のようなものでたたいて刺激する櫛のようなものを買って、毎日一生懸命頭皮をたたいていましたが、血だらけになってしまったので、止めてしまいました。

 

とうとう、諦めてアデランスでカツラを作ってかぶることになってしまいました。

 

髪の毛を少しずつ増毛していくサンク増毛法にしたのですが、久しぶりに会う友達や知人
には、効果はなく、何回も苦労してアデランスに通ったにもかかわらず、すぐにカツラだということが、ばれてしまいました。

 

その時の気持ちは、情けなくて、恥ずかしい気持ちでいっぱいでした。

 

 

剣道の練習後に抜け毛が目立ちだした

 

薄毛に気が付いたのは、20歳ごろ剣道の練習で、汗をたくさんかいたのが原因なのか、面を打たれ過ぎた衝撃が強かったのが原因かもしれませんが、面を外して、てぬぐいをはずす時に、抜け毛がとても目立ち始めました。

 

剣道の練習が終わってから、風呂に入って、髪の毛を洗うとごっそり髪の毛が抜けていました。

 

その時の抜け毛を見た時の感情は、「これはやばいことになったなあ。このまま髪の毛が、ごっそり抜け続けたらいずれは、はげになるのだろうか。」と、毎日ずっと悩んでいました。

 

何が原因だろうか。母方の祖母がはげていたので、遺伝なのだろうか。遺伝なら仕方がないのかなあ。と毎日思い悩んでいました。

父は、はげていなかったので、とても情けない気持ちでした。

 

 

人に会わないようにしていた日々

 

薄毛で悩んでいたときには、昼間から部屋中のカーテンをひき、家に引きこもりがちになって気持ちも暗くなり、なるべく外に出ないようにして、できるだけ人に会わないような生活をしていました。

 

しかし、カツラをかぶってからは、自分に自信がついて、胸を張って堂々と外出し、人に会うことができるようになりました。

 

こんなに、気持ちも明るくなって、生活も性格も変わるのだったら、もっと、はやくカツラをかぶれば良かったなあ。と、反省しています。

 

あの時、引きこもりをしていた時間がもったいなかったな。と、今思っています。

 

あの無駄に過ごしてしまった時間を取り戻そうとしてなるべく、外へ出るようにしています。

 

おかげさまで、昔の私を知らない友達がたくさんできました。今は、幸せな気持ちでいっぱいです。

 

 

甥っ子にカツラを見られて泣かれてしまった

 

弟夫婦が、私の家に遊びに来てくれた時の事です。

 

私が、寝ていた寝室に5歳の甥っ子が突然入ってきて、枕元に置いてあった「かつら」を見つけるなり、「おいちゃんの頭が取れて、髪の毛がはげた。」と、大声で泣き叫んでいるのを見たときに、自分ながら、とても情けない気持ちでいっぱいになりました。

 

お願いだから静かにしてくれ、隣り近所に聞こえてしまうじゃないか。と、心の中でつぶやきながら、はやく泣きやんでくれないかな。と願っていました。

 

それ以来、数年間は、私の顔を見る度に「おいちゃんの頭が取れて、髪の毛がはげた。」と、言って泣いていました。

 

さすがに、今は、大きくなったので、泣きはしませんが、幼いころに受けたショックは、相当なものだったようです。

 

 

髪の毛を伸ばして色々な髪型をしてみたい

 

もし、近い将来に薄毛の治療法や、薄毛を改善するための薬が開発されて、薄毛が改善したらやりたいことがたくさんあります。

 

髪の毛を長く伸ばして、七三分けにしたり、パーマネントやヘアカラーをしたり、みんなと一緒にスーパー銭湯や温泉に行って、みんなの前で堂々と髪の毛を洗髪してみたい。

 

雨や風などを気にすることなく、外出してみたい。

 

オープンカーやバイクにも乗って、長く伸ばした髪を風に靡かせてみたいと思っています。

 

京都の撮影所に行って、昔の侍の格好をし、ちょんまげをやってみたい。

 

女の子のように、三つ編みもしてみたいと思っています。

 

やりたいことは、たくさんあります。早く、薄毛を治す薬や治療法を開発してほしいと願っています。

 

 

胸を張って堂々と生きましょう

 

現代社会では、趣味・嗜好も千差万別で、髪の毛があるにもかかわらず、自らスキンヘッドにしている方もいらっしゃいます。

 

自分が思うほど、他人はあなたの頭のことは、そんなに気にしていないもので、あまりくよくよ悩まずに、胸を張って正々堂々と生きていたらいいのではないでしょうか。

 

小さなことを気にせずに、自分をもっと磨く努力をしていれば、きっと、あなたのそばに、あなたの良さをわかってくれる人が現れると思います。

 

人は、決して外見では決めてはいけないと思いますし、人間の価値は、外見ではないと私は、思っています。

 

今は、悩んでいる人も時がたてば、なんであんな小さなことで悩んでいたのだろうと思う時が、きっとくる時がくるので、負けないで前を向いてがんばって進んで行ってもらいたいと思います。

 

関連記事はこちら