男性の育毛体験談

チャップアップが抜け毛に効いた!60才銀行員男性の体験談

60才銀行員男性の抜け毛対策や体験談

性別: 男性

年齢: 60才

職業:銀行員

抜け毛に悩み始めた年齢:24才

抜け毛に悩んだ時期:36年間

抜け毛に悩んでいる部位:前頭部

家系にハゲはいる?:父親・祖父

行っていた育毛対策や効果:チャップアップ

育毛対策の期間と効果内容:一年間 効いた

 

チャップアップは抜け毛に効いた!

 

リアップを一年間使用したが効果なしだったので、チャップアップ育毛剤に変更。

 

チャップアップも1年間使用していますが、変えてからは抜け毛が抑えられたので、私には効いたと思います。

 

頭皮マッサージが抜け毛に良いと本に書いてあったから、最初に試しました。

 

根気よく頭皮が赤くなるまで毎日マッサージしましたね。

 

それまでは髪の毛が寝がちだったのが立つようになり、それが嬉しくてマッサージを増やして更に力を入れるようになったのを覚えています。

 

しかし、それが事態を悪化させてしまったのに気づいたのはそれから2ヶ月ほど経った頃でした。

 

ある日、抜け毛が増え始めたのに気付いたのです。

 

ちょっと力を入れ過ぎたのかと思い、優しくマッサージするようにしましたが、抜け毛は変わりません。

 

しょうがないのでマッサージするのを止めると、抜け毛は減ったのです。

 

自分のマッサージのやり方が悪かったのかもしれませんが、そんな訳でそれ以来マッサージは禁句になりましたね。

 

 

洗髪時に抜け毛が目立つようになった

 

薄毛に気づいたきっかけは、24歳の頃の夏の真っ盛りに洗髪していた時でした。

 

やけに抜け毛が目立つのです。

 

前日まではそんな事が無かったのですが、髪を洗っている手に抜け毛がべっとりと付いたからです。

 

真夏の事で帽子もせずにテニスをやってたのがいけなかったのだと軽い気持ちでいましたが、その後もどんどん髪の毛が抜けるので焦りましたね。

 

父親が禿げていましたし、これも遺伝なのかとゾッとしたのを覚えています。

 

その時、丁度女性と付き合い始めた時だったのでこれ以上抜けない事を心から祈りました。

 

当時はまだインターネットのない時代だったので、書店で抜け毛対策関係の本を読みあさりましたね。

 

ただ、若いのにそのようなコーナーで本を読むのも買うのもとても恥ずかしかったです。

 

 

汗をかくことを避けてスポーツをする機会が減った

 

抜け毛が始まった時にはそれ程気になりませんでしたが、抜け毛が続くようになると、つい鏡で前髪を見るようになりましたね。

 

ハゲという言葉にも敏感になりましたし、職場でもそういう話題を避けるようになりました。

 

25歳の頃にはどこまで抜けるんだろうと心配になりましたね。

 

自分の禿げた姿を想像しては絶望感に襲われたのを思い出します。

 

せめて結婚するまでは目立たないで欲しいと願いました。今もそうでしょうが、ハゲは女性に嫌われるというイメージが強かったからです。

 

生活で一番変わったのはスポーツですね。大好きなスポーツをする機会が減ったのです。

 

汗をかくと余計髪の毛が抜けるという意識が強かったからです。

 

お陰で体重が10キロ以上も増えてしまいました。

 

運動不足だけではなくストレスで間食が増えたのも悪かったのでしょうね。

 

 

甥っ子に言われた言葉で・・・

 

一番辛かったのは、27歳くらいの頃に、甥っ子にハゲと言われた事でした。

 

当時はまだそこまで頭皮が目立っていなかったと自分では思っていたので、この言葉は心に響きましたね。

 

彼女や同僚は決してそのような言葉を浴びせる事は無かったのですが、心の中ではハゲと思ってるんだろうと心が痛みました。

 

それ以来、更に頭皮が気になりましたね。

 

そして甥っ子の言葉が常に頭に浮かぶようになり、心の病と呼べる程ではなかったのですが、引っ込み思案になってしまったのです。

 

それまでは陽気で何事にもチャレンジする性格でしたが、そんな性格がすっかり変わってしまったのです。

 

仕事が休みの日も外出する事が減り、家でひたすら本を読む日々でした。

 

彼女とのデートもいまいち盛り上がりません。性格も悪くなりました。

 

 

色々な髪型や好きなスポーツを楽しみたい

 

60才になった今でも外に出る時は帽子が欠かせません。

 

薄毛が解消したら帽子を脱いで思いっきりテニスやサッカーをやってみたいですね。

 

良いプレーをした後に髪を掻き上げるみたいなポーズをしてみたいと思います。

 

この歳になると昔ほど髪の毛の薄さを深刻に捉える事はなくなりつつはあるのですが、それでも心の奥底では髪の毛が薄い事で臆病になっている事は確かです。

 

もう一つやりたい事は好きな髪型にしたいという事ですね。

 

今は床屋に行っても髪の長さを調整する程度で髪型など指定する事は出来ませんが、薄毛でなくなったら好きなアーティストのようなファンキーな髪型にしてみたいと思います。

 

その髪型でバンドにも参加してみたいですね。今まで諦めてきた事全てに挑戦してみたいというのが本音です。

 

 

若い頃からのお手入れをおすすめします

 

たかが髪の毛と思わず、若い頃から髪の毛をしっかり手入れする事をオススメします。

 

私のように薄毛になっただけでライフスタイルだけではなく、性格までも変わってしまわないように祈るばかりです。

 

特に性格が悪くなったことで多くの大切な友達をなくした事を後悔しています。

 

もう一つ後悔しているのは、若い頃から栄養のバランスを考えない食生活をしていた事と、真夏でも帽子を被らずに運動した事です。

 

食生活は育毛に大事な要素ですし、スポーツする時にはしっかり髪の毛をガードすべきでした。

 

若い年齢で薄毛に悩んでいる方は是非この2点を忘れずにおいて欲しいと思います。

 

それだけでも抜け毛の本数は減るのではないでしょうか。

 

また、育毛剤ですが、体質によってもどれが効くかが違うようです。色々なものを試してみて自分に合うものを選んでみて下さい。

 

ネットで評判なものでも自分に合わなければ意味がありません。

 

また、値段が高いものでも効果的なら使ってみる事をオススメしたいですね。

 

多少高くても抜け毛が減るのならそれで良いのではないでしょうか。

 

薄毛はそれだけで大きな損失です。高い料金は将来の自分への先行投資だと割り切って考えるのも必要なのではないかと思います。

関連記事はこちら