AGA治療の費用や効果

フィナステリドの副作用|プロペシアの主成分に注意しよう!

フィナステリドの 副作用と肝機能について

フィナステリドはアメリカの製薬会社が開発した、薄毛治療によく使われている内服薬、プロペシアの主成分です。

 

抗アンドロゲン剤といって男性ホルモンの働きを抑える事で薄毛改善に効果があり、薄毛治療は勿論の事、前立腺肥大症の治療に用いられている薬でもあります。

 

フィナステリドは日本皮膚科学会による男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版で、強く勧められている内服薬です。

 

AGA(男性型脱毛症)はテストステロンがジヒドロテストステロン(DHT)に変換される事で発生しますが、テストステロンがDHTに変換されるためには5αリダクターゼという酵素の働きが必要です。

 

フィナステリドは5αリダクターゼの働きを抑えるため、DHTが作られるのを防ぎ、薄毛を改善する事が出来るとされています。

 

しかしフィナステリドはホルモンに作用するため、男性特有の様々な副作用が生じる可能性が高いので、使用には十分な注意が必要な薬なのです。

 

 

 

<フィナステリドの副作用には何があるのか?>

 

フィナステリドの副作用には以下のような症状があり、フィナステリドを飲んでから出現するため「ポストフィナステリド症候群」とも言われています。

 

 

 

○性欲減退、勃起機能不全(ED)

 

フィナステリドを使う人全てに生じる症状ではありませんが、副作用の中で発生する可能性が高い症状です。

 

 

 

○肝機能障害

 

肝臓の機能が乱れている事で、血液検査をすると肝機能の値が異常値を示します。

 

軽度の肝機能障害だと無症状の事が多いですが、肝機能障害があると食欲がなくなったり足が浮腫んだりする場合があります。

 

 

 

○射精障害、精液量の減少

 

フィナステリドの副作用には性欲減退やEDだけではなく射精障害や精液量の減少もあり、男性の生殖器に関わる症状のため、お子さんを望む場合は注意しなければなりません。

 

射精障害や精液量の減少で男性不妊となる事もあります。

 

 

 

○睾丸痛

 

睾丸に痛みや違和感を感じる事があります。

 

 

 

○乳房痛、女性化乳房

 

乳房に痛みや違和感が出たり、乳房が肥大する事があります。

 

 

 

○抑うつ、眩暈

 

発生頻度が不明の副作用ですが、抑うつと眩暈もフィナステリドの副作用です。

 

 

 

○発疹、蕁麻疹、血管浮腫

 

稀な副作用ですが、フィナステリドに対するアレルギー反応で発疹、蕁麻疹、血管浮腫が生じる事があります。

 

 

 

<フィナステリド体験者による副作用の口コミ>

 

フィナステリド体験者による副作用の口コミの中で多かった声は、やはりED等の男性生殖器に特有の症状でした。

 

副作用で多く挙げられていた口コミをご紹介するので参考にして下さい。

 

 

 

○勃起不全になった

 

30代後半なのですが、20代後半くらいから薄毛が気にかかるようになって育毛剤やサプリの服用を実践していました。

 

30代に入ると育毛剤やサプリの効果が出なくなってしまい、フィナステリドを使い始めたんです。

 

フィナステリドを使い始めた頃は特に気になっていなかったのですが、最近勃起不全になったのではないかと心配しています。

 

明らかに以前より調子が悪くなってしまいました。40歳までには結婚したいと思い婚活中なので、勃起不全なのであれば治したいです。

 

薄毛が改善出来ないのは残念ですが、フィナステリドの使用は中止しようと思っています。

 

 

 

○精液量が減ってしまった

 

薄毛を治療したくてフィナステリドとミノキシジルを使っています。

 

結婚して3年経ちそろそろ子供を持ちたいと考えているのですが、近頃精液量が減っている気がします。

 

妻がフィナステリドやミノキシジルについて調べたのですが、フィナステリドの副作用には精液量の減少がある事がわかりました。

 

妻にはフィナステリドの使用を止めた方が良いと言われています。

 

子供が出来ないのはフィナステリドによる精液量の減少が原因なのかわかりませんが、不妊にならないかと不安です。

 

 

 

○身体が怠くなった

 

薄毛の進行が速くなったように感じ、これまで使っていた育毛剤の効果がわからなくなったのでフィナステリドに変えてみました。

 

使い始めて約3か月ですが薄毛の改善はなく、身体が怠くなってしまいました。

 

フィナステリドの副作用に身体の怠さはないようですが、フィナステリドを使う前は身体の怠さが全くなかったので、フィナステリドの影響は少なからずあると思います。

 

アレルギー反応なのかわかりませんが、僕の身体にフィナステリドは合わないようです。

 

 

 

○太り易くなり、胸が大きくなった

 

フィナステリドを使うようになって太りやすくなりました。

 

太ったせいなのか、胸が大きくなった感じがします。

 

心配になってフィナステリドの副作用で太り易くなるのか調べたのですが、太り易い副作用はないようでした。

 

でも乳房肥大が副作用にあるみたいなので、胸が大きくなった感じがするのは太ったのではなくフィナステリドの副作用だと思います。

 

副作用はありますが、薄毛改善の効果は感じているので中止するかどうか迷ってしまいます。

 

 

 

○肝機能が悪くなった

 

育毛剤だけでは薄毛が改善しなくなったので、薬を使えば効果が出ると思いフィナステリドを使うようになりました。

 

使い始めて半年経ちますが、思ったよりも効果が出ているので満足しています。

 

でも先日職場の健康診断で採血をしたのですが、肝機能に異常があると指摘を受けて医師の診察を受けました。

 

医師からは肝機能が悪くなっていると言われたのですが、原因がフィナステリドかもしれないとの事だったんです。

 

フィナステリドに肝機能が悪くなる副作用があるとは知らずに使い続けていました。

 

 

 

<まとめ>

 

プロペシア内服薬の主成分として有名なフィナステリドの副作用について解説していきましたが、内服薬だけに少なからず肝臓などに負担がかかる事が予想されます。

 

肝機能が弱かったり、影響を受けやすい方、また、体質によっても副作用が出やすい場合もあるので、フィナステリドを服用している期間中は、体調など自己管理に注意しながら使用する心がけが必要になってきます。

 

発毛に大きな効果が期待できる治療薬ではありますが、専門の医師の指示や処方を正しく守り、体調面に何か不安や疑問が出た場合は、すぐに医師の指示や相談を仰ぐようにしましょう。

 

フィナステリドやミノキシジル等の医薬品は多かれ少なかれ副作用の心配が伴いますが、その分、髪の毛が生えてくる希望が持てるので、薄毛やハゲの改善における効果を期待しつつ、上手に治療薬と向き合いたいですね。