育毛お役立ち情報

ヘアサイクルを戻す方法と期間|乱れを改善して正常化に導く

ヘアサイクルの乱れを改善して正常化する

 

 

ヘアサイクルが乱れると、髪の毛の成長期が極端に短くなり、抜け毛が増えて薄毛へと進行していきます。

 

原因としては、「栄養不足」「ストレス」「血行不良」などがあるのですが、ヘアサイクルを戻す方法ってご存知でしょうか?

 

乱れたヘアサイクルを改善して正常化に導く方法をご紹介していきます。

 

また、ヘアサイクルを回復させるために必要な期間や髪の毛の構造もしっかりと覚えておきましょう。

 

 

 

 

ヘアサイクルを戻す方法

 

ヘアサイクルを戻すためには、髪の成長期を短縮させている要因を改善する事が大切になってきます。

 

髪の毛の成長周期が休止期や減退期に入っている過程において、乱れを正常化に改善させたり回復させたりするためには、それなりに期間や時間を要する事になります。

 

まずはヘアサイクルを戻す「3つの方法」をご紹介していきますね。

 

 

 

1.DHTをブロックする

 

DHTは男性ホルモンのテストステロンが元になっており、Ⅱ型5αリダクターゼという酵素が働き掛ける事でDHTが作られます。

 

DHTは髪の成長期を短縮させてしまう脱毛因子を増加させる原因となるので、DHTが作られるのをブロックする事でヘアサイクルを正常に戻す事が出来ます。

 

DHTをブロックする方法は育毛剤・育毛サプリの使用、フィナステリドの服用、イソフラボンの摂取が有ります。

 

 

・育毛剤、育毛サプリ

 

育毛剤にはDHTを抑制する効果がある成分が配合されている商品が有ります。

 

DHTを抑制する効果がある成分は、アセチルテトラペプチド3とアカツメクサ花エキスが主成分の「キャピキシル」、海藻類から抽出される「M-034」、アヤメ科の植物から抽出される「ヒオウギエキス」です。

 

育毛剤は多くの種類がありますが、DHTを抑制する成分の配合で人気な育毛剤は以下の通りです。

 

 

 

●キャピキシルの配合量を重視:「フィンジア
●M-034の配合量を重視:「チャップアップ
●ヒオウギエキスを含む育毛に必要な天然成分を配合:「イクオス

 

 

DHTを抑制する効果がある成分として「ノコギリヤシ」は有名です。

 

ノコギリヤシは北アメリカに生息している植物なのですが、育毛剤や食事で取り入れる事が難しい成分です。

 

育毛サプリにはノコギリヤシを豊富に配合している商品があり、育毛サプリを使うとノコギリヤシを簡単に摂取する事が出来ます。

 

ノコギリヤシを豊富に配合するお勧めの育毛サプリは、「イクオスサプリEX」です。

 

ノコギリヤシの配合量だけではなく育毛に必要な成分を業界最大の46種類も配合しているため、DHTのブロックと共に育毛をサポートする多くの成分を取り入れたい方に嬉しいサプリです。

 

またフィンジア、ブブカ、チャップアップにも育毛サプリがあり、ノコギリヤシが配合されているので育毛剤と一緒に利用する事が出来ます。

 

 

 

・フィナステリド

 

フィナステリドは薄毛治療で広く利用されている医薬品で、DHTを作り出す5αリダクターゼの働きを抑制する効果が有ります。

 

フィナステリドは発毛クリニックで医師から処方してもらったり、個人輸入で入手する事が可能です。

 

性欲減退、勃起障害、肝機能障害等の副作用があるため身体に合った量を服用しなければなりません。

 

医師に処方してもらうと身体に合った量を服用出来ますが、個人輸入の場合は注意が必要です。

 

 

 

・イソフラボンの摂取

 

イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをするため、男性ホルモンと拮抗します。

 

そのためDHTをブロックに効果が有るのです。

 

イソフラボンは納豆、豆腐、豆乳の大豆製品に豊富に含まれているので、普段の食事に取り入れてみましょう。

 

 

 

2.髪に必要な栄養を摂取する

 

髪の元となる毛母細胞が細胞分裂をするためには、髪に必要な栄養素を補給する事が大切です。

 

髪に必要な栄養素を補給出来れば毛母細胞の細胞分裂が活発になって、ヘアサイクルを正常に戻す事が出来ます。

 

髪はケラチンたんぱく質から作られていますが、ケラチンは身体でアミノ酸から合成されて作られているのです。

 

ケラチンが合成される過程で亜鉛の働きが必要不可欠で、亜鉛が不足しているとケラチンの合成が円滑に進みません。

 

また髪を強くするためにビタミン類の摂取も必要です。

 

普段の食事でたんぱく質、亜鉛、ビタミン類をバランス良く摂取しなければなりませんが、栄養士でもない限り、毎日の食事にバランスよくなんて・・・食べられませんよね。

 

そこで、手軽で簡単に取り入れる方法として「育毛サプリメント」が非常に有効になります。

 

育毛サプリは髪の毛の成長を考えた栄養バランスを配合しており、体の健康にもプラスに働くので、有効的に活用する事をオススメします。

 

育毛サプリなら、私も使っている「イクオスサプリex」が成分においても価格においても断トツでオススメです!

 

イクオスサプリEXの詳細はこちら

 

 

3.頭皮の血行を促進する

 

毛母細胞に栄養を届けるのは血液なので、頭皮の血流を促進する事でヘアサイクルを正常に戻す事が出来ます。

 

頭皮の血流を促進するためには、ストレス解消、運動(有酸素運動)が必要です。

 

ストレスが過多になると交感神経が活発になるので、全身の血管が収縮する事で血流が滞ります。

 

運動不足も血行不良を引き起こす原因になりますから、適度にストレス解消をして運動する事で血行を促進し、髪に栄養が運ばれ易くなるようにしましょう。

 

運動と言っても、激しいスポーツは必要がなく、軽く汗の流せるジョギングやウォーキングなど、軽度の有酸素運動が効果的ですよ。

 

 

また全身の血行を促進するためには禁煙も必要です。

 

喫煙と薄毛は直接関わりはありませんが、血管を収縮させて血行不良を引き起こす原因となります。

 

喫煙は健康を害しますし禁煙する事で全身の血流が改善されるため、普段から喫煙している方は禁煙に取り組んでみると良いです。

 

 

 

ヘアサイクルを戻す期間

 

髪には一定期間成長し、やがて抜けて行き新しい髪が生える「ヘアサイクル」が有ります。

 

このヘアサイクルが乱れる事により、抜け毛や薄毛を引き起こすとされていますが、一度乱れたヘアサイクルを元に戻すには、どのくらいの期間が必要なのでしょうか?

 

実は、個人差があるので明確な答えはないのですが、およそ半年~1年の期間は必要とされています。

 

育毛剤や育毛サプリの体験談や口コミ、評判などでよく聞くと思いますが、およそ半年間は最低でも育毛アイテムを使わないと効果を体感できないと言います。

 

つまり、育毛アイテムなど使ってケアしながら、半年くらいで抜け毛が治まったとか、薄毛の進行が止まったという場合は、ヘアサイクルが正常化されてきている証拠です。

 

しかし中には「1ヶ月で抜け毛が気にならなくなった!」とか、「3年でやっと産毛が生えてきたみたい!」という方がいる様に、やはり体感できる効果には個人差が大きいといえます。

 

ヘアサイクルは薄毛に悩む人でも悩まない人でも同じようにありますが、薄毛に悩まない人は正常なヘアサイクルが繰り返されてると言えます。

 

 

 

ヘアサイクルと髪の構造

 

ヘアサイクルと髪の毛の構造について開設します。

 

髪は毛根と毛幹に分かれており毛根は頭皮の中に有る部分を、毛幹は頭皮から出ている部分を指します。

 

毛根には髪の根元の毛球、髪を支える立毛筋、皮脂腺が有り、毛球には髪の元となる毛母細胞や毛細血管と繋がっている毛乳頭が有って、髪の成長は毛母細胞や毛乳頭が担っているのです。

 

毛根は胎児期に作られており、その数は生まれてから変わらないので薄毛の人は毛根の数が少ないという事は有りません。

 

ヘアサイクルは毛母細胞と毛乳頭の働きによって繰り返されており、「成長期」、「退行期」、「休止期」の3つの時期を経て脱毛します。

 

成長期から脱毛に至るまでの期間は約5年間で、1本の髪が成長して脱毛するまで長い時間が掛かるのです。

 

成長期は髪が太く長く成長する期間で、毛母細胞が活発に細胞分裂します。

 

毛母細胞が細胞分裂をするためにはエネルギーが必要で、毛細血管から必要なエネルギーを補給しています。

 

成長期はヘアサイクルの中で最も長く、4~5年の時間が掛かり、成長を終えた髪は少しずつ成長が止まって行く退行期に入ります。

 

退行期は約3週間で、その後髪の成長が止まって毛根の位置が浅くなる休止期へ入ります。

 

休止期は約3か月で、休止期を過ぎると自然に毛根から髪が抜けて行きますが、髪が抜けた毛根では、また毛母細胞が細胞分裂をして新しい髪が成長してくるようになるのです。

 

普段の生活の中で髪が抜けるのは不自然な事ではなく成長が止まった髪が抜けているためで、1日に約100本は自然に抜けています。

 

ところがヘアサイクルが乱れてしまうと抜け毛の数が増えてしまうため、薄毛が進んで行きます。

 

 

 

 

まとめ

 

 

ヘアサイクルが乱れる原因はAGAの原因であるジヒドロテストステロン(DHT)の影響や、栄養不足、頭皮の血行不良などによる成長期の短縮です。

 

 

正常であれば4年も5年もある成長期が、乱れてしまうと、わずか数か月~1年と極端に短縮してしまうため、抜け毛が増加していき、次の髪の毛の成長が追い付かなくなってしまうので薄毛へと進行していきます。

 

 

脱毛の原因を食い止める事=ヘアサイクルを戻す事

 

 

ヘアサイクルを戻す食べ物やサプリ、育毛剤などのポイントを紹介しましたが、その他にも様々な改善方法や対策も日頃の生活に取り入れてみると良いでしょう。

 

 

頭皮マッサージなどは非常に手軽で誰にでもできる、育毛効果の高い手法ですし、食生活だけではなく、日常生活においても規則正しい心がけを持ちたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事はこちら