育毛剤 男性おすすめ編

イクオスとチャップアップ比較|どちらも使いたい理由と本音

イクオスとチャップアップ

 

イクオス育毛剤は、独自成分「Algas-2」を配合した人気の育毛剤で、2016年9月のリニューアルにおける新イクオスになってからは、男性育毛剤ランキング1位のチャップアップを脅かす存在になっています。

 

他の育毛剤にはない成分を含んでいるため、どんな育毛剤を使っても効果がなかったという方におすすめですし、イクオスだと薄毛が改善されたとの口コミや評判の声が多いです。

 

そして、育毛剤界で他の追随を許さない人気を誇っているのが、チャップアップです。

 

発毛促進や頭皮の環境改善、AGAの抑制など様々な成分をバランスよく配合しています。

 

この2つの育毛剤は非常に人気が高いため、どちらを選ぶか迷っている方も多いでしょう。

 

そこで、イクオスとチャップアップを成分の種類ごとに検証してみましたし、単品や定期コースにおける購入価格についてもひかくしてみたので、これから育毛剤を使う方や、新しい育毛剤を試したい方は、是非、参考にしてみて下さい!

 

 

 

イクオスとチャップアップ育毛剤の成分を徹底比較

 

イクオス チャップアップ
全成分数 81種類 81種類
主成分 M-034、ペルベチアカナリクラタエキス、スサビノリエキス M-034、センブリエキス、グリチルリチン酸、ジフェンヒドラミン
最大の特徴 AGAによる脱毛の抑制 頭皮の血流改善と硬化改善
発毛促進成分 16種類 21種類
頭皮環境改善成分 19種類 21種類
AGA抑制成分 13種類 6種類
育毛に必要な栄養素 8種類 15種類

 

 

 

発毛促進成分

 

イクオスには、アルギニンやイソロイシン、グリシンなどをはじめとする16種類もの必須アミノ酸と非必須アミノ酸が含まれています。

 

必須アミノ酸は、身体の中で合成できないため、外部から補う必要があります。

 

また、非必須アミノ酸は身体の中で作れますが、様々な働きがあるため継続的に摂ることが大切なのです。

 

アミノ酸は髪の原料にもなるので、しっかり摂ることで発毛促進が期待できます。

 

また、頭皮もタンパク質でできているので、アミノ酸を摂ることは頭皮環境の改善にも繋がります。

 

 

チャップアップには、アルニカやオドリコソウ、オランダカラシなどの発毛促進成分が21種類も含まれています。

 

これらには、アミノ酸が含まれているのですが、イクオスとは違ってアミノ酸に分解されてから吸収される仕組みになっています。

 

つまり、イクオスよりも成分の種類が多くても、吸収率はイクオスに劣ると考えられるのです。

 

そのため、発毛促進効果についてはイクオスの方が優秀と言えるでしょう。

 

 

 

頭皮環境改善成分

 

イクオスに含まれている独自成分「Algas-2」は、M-034とペルベチアカナリクラタエキスの合成成分です。

 

高い保湿力が期待できるため、健やかな頭皮を維持することで薄毛の進行抑制に役立ちます。

 

また、どちらも天然由来成分なのでアレルギーの心配が少ないという特徴があります。

 

その他、頭皮の血行を促すことで新陳代謝を高めたり、頭皮への栄養の供給を促したりするニンニクエキス、毛穴の炎症を抑えて健やかな頭皮環境を保つグリチルリチン酸2Kなど19種類の頭皮環境改善成分が含まれています。

 

 

それに対してチャップアップには、M-034やオウゴンエキス、セイヨウキズタ、ローズマリーなど21種類の成分が含まれています。

 

M-034は単体でも効果を発揮しますが、やはりイクオスのAlgas-2のような合成成分の方が高い効果が期待できるでしょう。

 

とは言え、セイヨウキズタやローズマリーなど代表的な頭皮環境改善成分が豊富に含まれているので、優劣をつけるのが難しいところです。

 

イクオスには、毛穴の炎症を抑える成分など様々な方面からアプローチをかけられるようになっているので、そういった意味ではイクオスの方が優れていると言えるでしょう。

 

 

 

AGA抑制成分

 

AGAとは、悪玉男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)によって起こる薄毛のことです。男性の脱毛の原因の大部分を占めているともいわれています。

 

そのため、薄毛を防ぐために、ジヒドロテストステロンの生産を抑える成分が含まれた育毛剤が有効なのです。

 

イクオスには、オウゴンエキスやダイズエキス、ビワ葉エキスなど、ジヒドロテストステロンの生産に必要な5αリダクターゼを阻害する成分が含まれています。

 

 

その数なんと16種類。医薬品と比べてどうしても作用は弱くなりますが、それでも16種類も配合されているため、お互いの作用を補助し合って結果的にAGAの進行を抑制するのです。

 

また、チャップアップにはオウゴンエキスやチョウジエキス、ビワ葉エキスなど全部で6種類のAGA抑制成分が含まれています。

 

イクオスよりも種類が少ないので、AGAの抑制についてはイクオスに軍配が上がります。

 

 

 

育毛に必要な栄養素

 

健康な髪を育てるために必要な栄養素は、タンパク質だけではありません。髪を作るためには、ビタミンやミネラルなど様々な栄養素が必要です。イクオスには、クロレラエキスやベニバナエキス、オドリコソウエキス、ローズマリーエキスなど全部で8種類の栄養豊富な成分が含まれています。

 

それに対してチャップアップには、イクオスと同じくローズマリーエキスやオドリコソウエキスの他、レモン果汁やライム果汁など全部で15種類もの成分が含まれています。その数にしてイクオスの約2倍となっているので、チャップアップの圧勝と言えるでしょう。

 

 

 

イクオスとチャップアップを価格や返金保証制度で比較

 

 

イクオス チャップアップ
内容量 120ml 120ml
1本分の使用目安 約1カ月 1カ月半
単品価格 9,698円(税込・送料別) 7,400円(税込・送料別)
定期コース 6,458円

(税込・送料無料)

12,000円

(2本セット定期便・税込・送料無料・代引き無料)

サプリとセットの定期コース 7,538円(税込・送料無料) 9,090円(税込・送料無料)
返金保証制度 あり・45日以内に連絡 あり・永年返金保証制度

 

 

 

イクオスとチャップアップの内容量は同じですが、料金はチャップアップの方が安いです。

 

また、1本分の使用の目安はイクオスが約1ヶ月、チャップアップが約1ヶ月半となっています。

 

単品価格のことを踏まえると、育毛剤だけ購入する場合の料金についてはチャップアップに軍配が上がります。

 

ただし、サプリとセットの定期コースの料金がチャップアップの方が高いので、セットで購入する場合はイクオスの方がよいでしょう。

 

サプリは身体の中から頭皮に直接アプローチをするもので、育毛剤と一緒に使うことで高い効果が期待できます。

 

育毛剤だけでは思っていたほど効果が現れなかったということもあるので、サプリとのセットがおすすめです。

 

この考えに基づくと、チャップアップよりもイクオスの方が優秀ということになるでしょう。

 

イクオス・チャップアップともに返金保証があり、イクオスが45日以内、チャップアップが永年保証となっています。

 

ただし、どちらも1本目に対して適用となります。

 

一見、チャップアップの方が優秀に思えるかもしれませんが、この1本目にしか適用されないというところがポイントです。

 

そもそも、育毛剤は3ヶ月程度使わないと効果が現れないといわれています。

 

つまり、どちらの場合も「効果が現れなかったから返金する」という場合には使えないのです。

 

45日だと効果が現れないことがほとんどですし、永年保証でも結局2本~3本必要になるので、1本目が返金されても1~2本分の料金がかかります。

 

返金保証についてはイクオス・チャップアップは引き分けということになるでしょう。

 

料金・セット購入・返金保証など全てを総合的に見ると、チャップアップよりもイクオスがおすすめです。

 

 

 

まとめ

 

イクオスとチャップアップはどちらも優秀な育毛剤で、配合されている成分も似ています。

 

イクオスには、独自成分Algas-2が含まれているので、チャップアップよりも優秀と言えるでしょう。

 

また、多くの方の悩みの種のAGAの抑制成分もイクオスの方が多く含まれています。

 

料金についても、サプリとのセット購入であればイクオスの方が圧倒的に優秀です。

 

これらのことを踏まえると、チャップアップよりもイクオスの方がおすすめです。

 

ただ、チャップアップも優秀な育毛剤であることに代わりはないので、イクオスでは効果がみられなかった場合には、チャップアップも試してみるとよいでしょう。

 

イクオス育毛剤もチャップアップも実際に使った事のある私の本音は「両方使いたい」です。

 

ですから、現在、夜は「チャップアップ」、朝は「イクオス」と1日2回の育毛剤使用を振り分けて使っています。

 

それだけ、イクオスとチャップアップの成分や期待できる効果は甲乙つけがたく、お互いがそれぞれに抜け毛や薄毛にアプローチできる力があるので、それなら2つとも使ってみよう!という考えで、私は2つ使っているのが本音です。

 

もちろん、費用もそれなりにかかるので皆さんにはオススメ出来る方法ではありませんが、自分の髪を必死で守りたい、真剣になって守りたい方には、参考にしていただきたいです。

 

 

 

関連記事はこちら