男性の育毛体験談

ココナツオイルは薄毛に効果あり?52才会社員男性の薄毛対策や体験談

ココナツオイルは薄毛に効果あり?

性別: 男性

年齢: 53才

職業:会社員

抜け毛に悩み始めた年齢:51才

抜け毛に悩んだ時期:2年間

抜け毛に悩んでいる部位:頭頂部

家系にハゲはいる?:父方の祖父

行っていた育毛対策や効果:頭頂部には風呂上りにココナッツオイルを塗っています。

育毛対策の期間と効果内容:ココナッツオイル ハゲの進行に効果あり

 

ココナッツオイルは薄毛対策に効果あり!

 

薄毛が発覚してからは、出来るだけお金のかからない範囲で対策をとりました。

 

そのひとつが頭皮マッサージであり、入浴時はもちろん、就寝前と起床時、一日三回も頭皮マッサージをする人間はそう多くはないでしょう。

 

効果はどうか?というと、今のところわかりません。

 

けれども、手の指先が鍛えられるものですから、末梢神経が活性化して、忘れものとかが少なくなりました。

 

棚ぼた式の副産物と言えます。

 

また、代謝促進のために入浴後にココナッツオイルを塗っています。

 

以前はヴァージンオリーブオイルを塗っていたのですが、身体への浸透度はココナッツオイルの方がはるかに高いということで変更しました。

 

朝夕、ひと匙のココナッツオイルを飲むようになったのも、薄毛を意識するようになってからのことです。

 

ココナツオイルを使い始めてからは薄毛の進行が止まったみたいで効果を感じています!

 

できるだけ自然な範囲で脱毛に抗っています。

 

 

外出先で薄毛に気づいた

 

冬のある晴れた日に、街に妻と買い物に出かけたときのことです。

 

二人してとてもお洒落をして歩いていました。デパートで買い物をしようと大きなガラスドアの前に立ちました。

 

仲睦まじくガラスに映った二人でしたが、陽射しがとても強かったのです。

 

直射日光は薄い頭髪を透かして、私の頭頂部の肌を露わにしていました。

 

慌ててデパートの中へと急いだことを覚えています。

 

白日のもとに曝すとはこういうことなのだと愕然としました。

 

普段、自宅の鏡で見ているとき以上に脱毛が進んでいたのだと、改めて認識した次第です。

 

白髪はロマンスグレーと呼ばれ、ナイスミドルの代名詞とも言えますが、ハゲのことをロマンスヘッドとは言いません。何とかしなければと切に思いました。

 

 

どこへでも帽子を被って出かけるようになった

 

頭頂部の薄毛が白日のもとに曝されて以来、帽子を被っての外出が増えました。

 

増えたというよりは、ほぼ帽子を被っています。

 

おかげでハットや野球帽、ニット帽など帽子のアイテムも増え、ちょっとした帽子マニアを気取っています。

 

けれども、帽子ばかり被っていても、ますますは脱毛が促進されるという話も聞いています。

 

曇り空や雨天時には帽子を被らずに、少なくなった頭髪を丁寧に整えて外出することにしました。

 

外出せずに済むならそれでその日を良しとしています。

 

できれば外出せずに済ませたいこともたくさんあります。

 

薄毛であることを自覚してから、外に出ることが億劫になったのは紛れもない事実です。

 

あからさまな年齢を感じるということ、思っていたほどの自分ではなかったという事実を突きつけられています。

 

女子社員の態度が一変した

 

思い返すだけでも恥ずかしさが込み上げてくるのが、海に行ったときのことです。

 

職場のレクリエーション行事でした。

 

普段、寡黙な二枚目を気取っていたのですが、海に浸かって河童のような正体を曝してしまったのです。

 

かねてより好意的だった多くの女性同僚たちは、いかにもと言った表情で眺めていました。

 

その日を境に、彼女たちは距離を置くようになり、孤独な窓際での会社勤めが現在進行形で続いています。

 

海へ行くレクリエーションはその後も催されましたが、何らかの理由をつけてすべて欠席しています。

 

ハゲにに対する女性の視線というものは、極端で冷やかなものだということを痛感しました。

 

口では「ハゲってかわいい」とか言っているのですが本心は違うようです。

 

 

ハイセンスなオジサンを気取りたい

 

薄毛が改善されたら、まず海水浴に行きます。

 

そして、思う存分海に潜り、遠泳をして、サーフボードで波に乗り、素敵な女性にちやほやされたいものです。

 

同僚女性たちの温かい視線を取り戻したいと考えています。

 

妻との買い物や映画鑑賞など、頻繁に外出してナイスミドルをアピールしたいと考えます。

 

帽子は時々ファッションの一部として被る程度、できるだけふさふさの頭髪をアピールしたいものです。

 

秋風にたなびく前髪を整える仕草の似合う男として、街中を闊歩したいと考えております。

 

そのまま夜まで街に滞在し、バーでグラスを傾けるハイセンスなオジサンを気取ってみたいものです。

 

若い女性にちやほやされても決して動ぜず、当たり前のことのようにいなせる中年男性を演じたいと思っています。

 

ハゲていると、これが似合わないのです。

 

 

悩むことよりも対策をとることが大切です

 

悩めば悩むほど抜け毛が進むと言われています。

 

本当かどうかは定かではありませんが。

 

薄毛で悩んでも仕方のないことは確かです。

 

なぜならば、やることをやって、それでも脱毛が進むようであれば、それは仕方のないことだからです。

 

できることは、ひたすら隠すことか開き直ること、せめては脱毛を遅らせることくらいです。

 

ハゲは遺伝であったり、外的な要因もありますが、ほぼ仕方のないこととして受け入れざるを得ません。

 

ただし、開き直ることができないのであれば、手当たり次第と言ってもいいくらいできるだけの対策をとることは大切です。

 

それも自然な形で。

 

やがて、もっとよい育毛剤が市販されることもあるかもしれません。

 

希望を持ち続けることが何よりの育毛につながるかもしれません。

 

関連記事はこちら