AGA治療の費用や効果

ミノキシジルの副作用|頭痛やむくみ以外に臓器系にも注意

ミノキシジルの副作用と最新

AGA治療における発毛薬として最も有効に活用されているのが「ミノキシジル」ですが、「頭痛がする」「頭皮が痒い」「顔がむくむ」などの副作用が多く聞かれます。

 

ミノキシジルやフィナステリド、プロペシアなどの発毛剤は「医薬品」に分類され、「発毛」を目指しますが、育毛剤と違い「副作用」があり、症状が酷い場合は腎臓や肝臓、心臓などの多臓器にも影響を与え、命に係わる場合もあります。

 

ミノキシジルは本来は高血圧用の薬だったのですが、血管を拡張させる作用を利用して毛母細胞を刺激する事で発毛効果を促す働きが強く、医薬品として認められました。

 

AGA治療における最新の発毛治療には最も有効な医薬品であるミノキシジルは、その副作用も強く、専門の医師の指示に従った取り扱いが重要です。

 

発毛剤の使用や、AGA治療を検討の方に覚えてほしい、ミノキシジルの副作用について解説していきます。

 

 

 

<ミノキシジルの使用における副作用には何があるのか?>

 

ミノキシジルはリアップ5xやロゲイン等の、市販の薄毛治療薬にも配合されている有名な薬です。

 

ミノキシジルはもともと血圧を下げるための作用を期待して使われていた薬ですが、1979年に発毛効果がある事が判明して現在では世界各地で薄毛治療に利用されています。

 

ミノキシジルによる治療は日本皮膚科学会による、男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版で治療を行うよう強く推奨されています。

 

なぜ薄毛治療に効果があるのか、それはミノキシジルが血管を拡張させる作用を持つためです。

 

ミノキシジルによって血管が拡張されると血流が増加して、細胞分裂が促進されて細胞が増殖したりタンパク質の合成が促進されます。

 

髪は細胞の増殖やタンパク質の合成によって成長するので、発毛が促進されるのです。

 

一方でミノキシジルの使用には様々な副作用が伴い、軽度の症状から重篤化する症状まで多岐に渡るので、調合には専門の医師の基に使用が必要になります。

 

 

 

○頭皮の痒み

 

ミノキシジルの使用で頭皮に痒みが出る事があります。

ミノキシジルの作用で血流が増加した事による痒みとミノキシジルを配合するための溶剤にアレルギー反応を起こす事による痒みがあります。

 

 

 

○顔や頭皮が赤くなる

 

頭皮の痒みと同じようにミノキシジルの作用で血流が増加したり、溶剤のアレルギー反応によって顔や頭皮が赤くなる事があります。

 

 

 

○ふけが増える

 

ミノキシジルの作用で血流が増加する事によって発生する痒みで、頭皮を掻くとふけが増えてしまいます。

 

 

 

○頭痛

 

ミノキシジルで血管が拡張すると血管が神経に触れて頭痛が起こる事があります。

 

 

 

○むくみ

 

ミノキシジルは血圧を下げる働きがありますが、血圧を下げる時に血中濃度が低下します。

 

すると身体は低下した血中濃度を再び高くするために水分を血管の外へ排出されて、むくみとなります。

 

 

 

○低血圧

 

ミノキシジルの元々の作用である血圧を下げる効果によって低血圧となる事があります。

 

 

 

○腎不全

 

ミノキシジルの副作用が重篤化すると腎不全を引き起こす事があります。

 

腎不全は腎臓の機能が低下する事によって体外に老廃物を排泄できなくなる病気です。

 

 

 

○不整脈

 

ミノキシジルが血流を増加させる事で身体の血流量が増加して心臓や血管に負荷をかけ、脈の打ち方が乱れる事があります。

 

 

 

○多臓器不全

 

ミノキシジルの副作用が重篤化すると、肺、腎臓、肝臓等の命に直接関わる臓器の機能が低下する多臓器不全を引き起こす事があります。

 

 

 

<ミノキシジル体験者による副作用の口コミ>

 

ミノキシジルを体験した方々の副作用における口コミを集めてみました。

 

 

 

○顔のむくみが出た

 

これまで使っていた育毛剤の効果に満足できなかったため、ミノキシジルで発毛を目指す事にしました。

 

ミノキシジルには様々な副作用があると聞いていましたが、少量だと副作用は気にならないという口コミもありさっそく試してみました。

 

使い始めて間もない頃は特に副作用は気にならず、自分の場合は特に問題なく使えると思っていましたが、1週間程すると顔にむくみが出るようになりました。

 

毎日二日酔いのような、顔がむくんでいる症状がおさまらなかったのでミノキシジルの使用料を調整しながら使っています。

 

 

 

○今までなかった場所に毛が生えるようになった

 

何とか髪を増やしたいと思い、ミノキシジルを毎日使っています。

 

僕の場合は頭皮の痒み等ミノキシジルの副作用として注意しなければならない症状は出ていません。

 

しかしミノキシジルを使い続けるうちに髪だけではなく、今までなかった場所に毛が生えるようになりました。

 

顔、上腕、足等これまでそんなに毛がなかった場所に毛が生えてきています。

 

さすがに温泉や海といったたくさんの人がいる場所に出かける時は恥ずかしい気持ちになるので、行く前には事前に処理をしていくようになりました。

 

 

 

○頭痛が出るようになった

 

薄毛治療ではミノキシジルが広く使われていると聞いて、自分もミノキシジルを使い始めました。

 

ミノキシジルは薬なので副作用が出るかもしれないと不安な気持ちもありましたが、使ってみると意外に副作用はなかったのでこれなら大丈夫だと思っていたのですが…使い始めて数日すると頭痛が気になるようになりました。

 

調べてみると頭痛はミノキシジルの副作用だとわかったのですが、我慢できるくらいだったので続けてミノキシジルを使いました。

 

飲み始めて1か月くらいは頭痛が気になっていましたが、1か月を過ぎると気にならなくなったのか慣れたのか頭痛は感じなくなりました。

 

 

 

○顔が真っ赤になってしまった

 

育毛剤には発毛効果がないと知って発毛効果があるミノキシジルを試してみる事にしました。

 

私の場合はM字ハゲが見た目にわかるのでミノキシジルの発毛効果に期待していたんです。

 

ミノキシジルを使い始めた当日は副作用がなかったのですが、その後2日間使ってみたら顔が真っ赤になってしまいました。

 

自分でも驚いてしまう程の副作用で、すぐに使うのを中止したんです。

 

ミノキシジルの使用を中止したら顔はいつも通りに治りました。

 

今後はミノキシジル以外の別な方法で発毛を目指したいと思います。

 

 

 

○頭皮が痒くなってしまった

 

今まで薄毛を改善するために食事、運動、育毛サプリや育毛剤の使用を実践してきましたが思うような結果が得られずミノキシジルを使ってみる事にしました。

 

ミノキシジルは薬なので副作用が心配でこれまで使う事に抵抗がありました。

 

でも口コミで効果を感じている人が多数いたので、発毛するかもしれない!と思い使い始めたんです。

 

ミノキシジルを使い始めて1か月ですが、最近頭皮の痒みが気になっています。

 

自分なりに調べたところ頭皮の痒みはミノキシジルの副作用で出やすい症状のようです。

 

痒くて時々頭皮を掻いてしまう事があり、頭皮に炎症が起きていないか心配になっています。

 

 

 

<まとめ>

 

ミノキシジルを使った事のある方々の口コミを読んでみるとわかる通り、顔のむくみや、顔が真っ赤になった締まった、頭痛がする、頭皮が痒いなどの副作用がある事がわかります。

 

また、髪の毛が発毛するのは嬉しいのですが、腕や足などの体毛が生えてくるなど、変わった副作用の報告も見受けられます。

 

さらに、今回の副作用の口コミでは見受けられませんでしたが、人によってや、処方のやり方で腎臓や肝臓など多臓器不全などの重い病状を患う場合もあるので、専門医とのしっかりとした取り組みが必要になります。

 

ミノキシジルはフィナステリドやプロペシアの様に副作用は避けて通れないので、専門の医師の指示をきちんと守り、何か不自然な体の異変が起きた場合は、すぐにかかりつけのAGAや病院で診察を受けてもらってくださいね。