男性の育毛体験談

ヘアトニックは効果なし?49才会社員男性の薄毛対策や体験談

49才会社員男性の薄毛対策や体験談

性別: 男性

年齢: 49才

職業:会社員

抜け毛に悩み始めた年齢:21才

抜け毛に悩んだ時期:28年間

抜け毛に悩んでいる部位:頭のてっぺん部分

家系にハゲはいる?:父

行っていた育毛対策や効果:購入した商品はありませんでしたし、クリニックの利用もありませんでした。

育毛対策の期間と効果内容:父が使っていた薄毛予防トニックを半年程、使いましたが効果があったかどうか分かりませんでした。

 

 

ヘアトニックを使用したが効果は実感できず

 

化粧台の鏡を前にし、これ以上薄毛になることを加速させないようにするにはどうしたら良いかを思った時、その化粧台の隅に、薄毛や抜け毛が気になる人向けのヘアトニックが置いてあることに気付きました。

 

今まで化粧台の上をまじまじと見ることがなかったのですが、この時は何故かこのヘアトニックが目に入ってきました。

 

早速、これを使っている父にヒアリングをし、使い方としては、液を直接頭に振りかけ専用パッドで優しくたたくだけというものでした。

 

そして実際に薄毛進行防止になっているかどうかは分からないが、現在も使用継続中との返答でしたので、私も使わせてほしい旨をお願いし、同じ方法で薄毛防止対策を始めました。

 

しかし、私にはこのヘアトニックは効果なしとしか感じられませんでした。

 

 

友人とプールへ行ったときに指摘されて

 

大学生だった頃、夏休みに近所の友達と久々に公共のプールに泳ぎに行った時です。

 

水中に潜って顔を出した時に、友達から「頭のてっぺんの方、地肌が結構見えてるよ、近い将来やばいかもよ」と言われました。

 

泳ぎ終わって屋内シャワーを浴びた後、鏡に頭を照らして見たのですが、頭のてっぺんは良く見えませんでした。

 

気になる気持ちを抑えきれないまま、自宅に戻りました。

 

風呂を終えた直後、髪の毛にタッチすることなく洗面台の鏡を前に立ち、左手に手鏡を頭のてっぺんの方へかざして見ることにしました。

 

確かに地肌は毛の隙間から見えましたが、自分ではあまり気にはなりませんでした。

 

なぜ彼は、あのような事を言ったのだろうかと疑問に思いました。

 

母にも見せ、意見を聞くと「毛が水に付着した状態で見るとちょっと薄毛っぽく感じるけど、毛を乾燥させた通常の状態であれば気にならないわよ」ということでした。

 

少し安心しましたが、この時を境に薄毛になってきているのだなと思うようになりました。

 

 

髪の毛に良い食材をとって夜更かしを減らした

 

毛が濃くなる効果が期待できる食品の一つとしてヒジキ、ワカメ、昆布があるという話を母から聞き、このことをきかっけに食材に対して意識するようになりました。

 

以来母にヒジキ、ワカメ、昆布が入った料理を今まで以上に食べたいとお願いしたこと、そして食べる量も増やしました。

 

また薄毛と睡眠の関係もあるとの話しを何かの雑誌で読み、不規則な睡眠時間、短い睡眠時間にならぬよう意識を持つようになりました。

 

しばしば深夜までテレビを観ていたり、友達と夜更かしして遊んでいたので、この習慣を減らして行くことは簡単ではありませんでしたが、徐々に減らして行くよう自分自身を戒め、本当に辛かったのですが減らしていくことが出来ました。

 

このお陰で、体も心も健康的になったような感じになりました。

 

 

夜の生活習慣を変えることが辛かった

 

一番つらかった体験は上記#12で少し触れましたが、薄毛防止策の一環として、夜の余暇時間を減らし早く寝る習慣に変えて行くことでした。

 

長年の習慣でしたので、これを変えて行く、つまり早寝することは簡単ではありませんでした。

 

深夜の時間帯のテレビ番組欄を確認する度に、深夜静かに観たいという慢性的な欲求がありました。

 

自分でも分からないのですが、深夜になるとこのような衝動に駆られていました。

 

よく自分の行動を反省して実感できたことは、薄毛防止策以前にそもそも、私の夜の余暇時間の過ごし方は、体に良い影響を与えるものではないということでした。

 

このことを心底実感出来て以降は、それでも徐々にではありますが、早寝を実行に移して行くことが出来ました。

 

 

薄毛を気にしない生活を送りたい

 

①お辞儀をする場面がある時は、意識的にあまり首を下げずにお辞儀をしています。

改善されるのであれば、心を込めて深いお辞儀をしたいと思います。

 

②電車に乗車中、余程疲れていない時を除き、席が空いても座らないようにしています。

理由は座ることで、立っている人たちからは薄毛であることがもろ分かるためです。

改善されれば、本来座りたいという我慢していた気持ちが抑えられるので、健康的な気持ちで席に座れることが期待できると思います。

 

③写真撮影時ですが、薄毛の部分が極力見えない様に意識を働かせているため、写真写りがよいものがあまりありません。

改善したら変に意識することなく自然体でポーズ出来るようになれるため、良い写真が撮れることを期待します。

 

 

自分のペースで生活習慣を見直しましょう

 

薄毛になる理由は、遺伝的起因?性格的起因?食事的起因、生活習慣的起因など・・人それぞれあると思いますが、現実的に薄毛となっていることに悩んでいても何の解決にもなりません。

 

悩むのではなく、まずは自分自身の一日の行動を振り返ってみてはどうでしょうか?

 

科学的根拠があるかどうかは、私には分かりませんが、健康的な生活をおくれるよう継続的に努力して行く事が、一つの改善策になりえるのではないかと信じています。

 

睡眠時間は8時間とれているか?食事は規則正しく摂っているか?栄養のバランス面はどうか?睡眠場所に電波を発している機器を置いていないか?など・・どこか改善すべきところがある場合、急に改善などできませんし、改善行為がストレスになってしまってもいけませんので、少しずつ改善して行くというスタンスで取り掛かってみることが大事ではないかと思っています。

 

関連記事はこちら