男性の育毛体験談

スカルプdは効果なし?34才会社員男性の薄毛対策と体験談

34才会社員男性の薄毛対策における体験談

性別: 男性

年齢: 34才

職業:会社員

抜け毛に悩み始めた年齢:31才

抜け毛に悩んだ時期:2年間

抜け毛に悩んでいる部位:おでこ付近の生え際

家系にハゲはいる?:祖父

行っていた育毛対策や効果:スカルプD

育毛対策の期間と効果内容:1か月 効果なし

 

スカルプDは男性の薄毛に効果なし

 

スカルプdを1ヶ月使用しましたが、全く薄毛は解消しませんでした。

 

コマーシャルで非常に有名なので、もしかしたら?と思ってスカルプdを購入し、使ってみましたが、抜け毛も薄毛も進行は止まりません。

 

1ヶ月しか使ってないので、もう少し継続して使用すればいいのかもしれませんが、私はあきらめました。

 

その他の薄毛対策としては、何気なくコンビニで手に取ったファッション誌に、頭皮マッサージを紹介する記事があった。

 

こめかみのところを親指で抑え、グイっと回すように刺激を与える。

 

こめかみを2回、頭頂付近を目指して少しずつ押していく。

 

これを上下2回繰り返して、最後に5本指を立てた状態で頭全体をトントンして全体的に刺激を与える。

 

これを毎日洗髪するときに行う。雑誌の記事によると1週間ほどで効果がでるとのこと。

 

試しに1週間してみようと思い、毎日洗髪するときにしてみた。

 

そして1週間後、鏡を見てみるも、結果は以前と変わらず、あまり効果が見られなった。

 

これで本当に薄毛対策になっているのか不安なところもあった。

 

 

散髪時におでこへ違和感を感じた

 

当時何気なく行きつけの散髪に行って久しぶりに自分の姿を鏡越しに見た。

 

髪を切る前は何も違和感なかったが、髪を切り始めた瞬間何かおかしいことに気づいた。

 

前髪を切るときにそれが発覚した。

 

おでこのそり込みの部分が依然と比べると奥まった感じがした。

 

最初は髪を切ったことで薄くなったように錯覚したのだと思ったが、散髪が終わって、前髪をいつものようにかきあげたときにそれは分かった。

 

以前と比べてやはり薄くなっていた。

 

はじめはおでこ付近のそりこみが奥まったことで、激しく動揺した。

 

白髪も増えてきて少なからず年齢を感じていた。

 

しかし、髪が薄くなっていることは現実に受け入れられない。いまだかつてこんなことはなかった。正直言ってショックだった。

 

 

 

外出時に人の目が気になるようになった

 

まだ髪の毛がふさふさだったころは、外出など気にもしなかった。

 

逆に、街を歩いていて薄毛の人が通り過ぎるたびに、「恥ずかしくないんだろうか」などと思っていた。

 

自分が薄毛に悩みだしてからというもの、外出時は特に気を遣うようになった。

 

これまで、街を歩いているたびに思っていたことが、他人から今の自分も思われていると思うと、とても不愉快になる。

 

外出時は必ず帽子を着用している。

 

また古い知人と会うときは、薄毛がばれないように室内に入っても帽子をとらず、薄毛であることを隠している。

 

どうしても帽子を外すことができない。

 

外出先だけでなく、室内でも帽子を着用するようになった。今後、薄毛をカミングアウトするかどうか迷っている。

 

 

 

子供の授業参観で笑われてしまった

 

私には小学校6年生になる子供がいる。女の子である。

 

ある日小学校の授業参観があったので、私も行った。

 

教室に入ると、子供達の親はすでにうしろに並んでおり、私は最後のほうだった。しかも、薄毛は私だけだった。

 

私が教室に入った瞬間、一瞬教室の雰囲気が変わった。みんなが一斉に私に注目したのだ。

 

はじめは私が遅れたことで注目されたのだと思ったが、ある子供が私にこう投げかけたのだ。

 

「あのはげてるひと誰のおとうさん?」

 

教室がくすくす笑いに満ちた。

 

私はそのときの子供に悪気はなかったのだと思うが、周りにくすくす笑われたことはすごく恥ずかしかったし、とても辛かった。

 

ましてや我が子にも恥ずかしい思いをさせてしまった。後悔した。

 

 

 

薄毛に悩まず好きな髪型で外出したい

 

一番したいことは帽子をかぶらないで外出したい。

 

学校の授業参観でつらい思いをしたが、それだけではない、スーパーや外出先でやはり知人とばったり会うことも多い。

 

そんなときに帽子をかぶっているのが私だけだと違和感を感じる。

 

帽子をかぶらないで、授業参観にも参加したいし、スーパーにも行きたい。

 

子供にも髪が薄いことで気を使うことのないようしていきたい。

 

私はやはり以前のように髪を伸ばして前髪をかきあげたり、好きな髪形で外出したい。

髪も染めたい。

 

やりたいことはたくさんあるが、髪が薄いことで、それが抑制されているように感じる。

 

やはり周りの目が気になって仕方ない。そんな環境を変えてみたい。髪が薄いことで悩んでいる自分と卒業したい。

 

 

 

悩んでいないで行動することが大切です

 

薄毛で悩んでいるのは自分だけじゃない。

 

でもどうしていいかわからない方も多いと思う。

 

私は色々試してきた。スカルプDなどの育毛剤、マッサージ、アデランスにも電話で相談した。

 

悩んでいるだけじゃ何も進まない。行動に起こしてこそ未来があると思う。

 

人のことは言えないが、私も以前は恥ずかしさで行動に移せない時期もあった。

 

しかし、うじうじしていられない。

 

考えていても何も始まらない。

 

今こうしているときも、何か手立てを探すなりしないと、後で後悔してしまう。

 

やらずの後悔はやはりよくない。今後も悩み続けているくらいなら何でもいい、行動に移して未来に繋げたほうがいい、私はそう思う。

 

しかし自分を受け入れられない人もいるだろう。勇気をだすべきた。

 

関連記事はこちら