運営者情報

サイト管理人の自己紹介

 

サイト管理人の自己紹介

 

当サイト管理人の「ヘアフル」です。

 

あなたは今、自分の髪の毛に対してどんな悩みをお持ちですか?

 

・抜け毛がひどくて、将来ハゲそうでヤバイ!
・生え際が薄くなってきてて、おでこが広く上がってきてる
・頭のてっぺんが薄くなってハゲるかも?!
・M字ハゲになりました・・・
・まだ若いのに髪の毛の量が少なくてこの先不安だ・・・
・髪の毛にコシやハリがなく、セットも決まらない
・くせ毛で細毛だから、何年かしたら薄毛やハゲになるかも・・・
・髪の毛の隙間から頭皮が見えてて、ハゲそうだけど改善できる?
・祖父がハゲてて遺伝が気になる
・30代になっていきなり抜け毛が増えたけど、これってAGAなのか?

 

人それぞれ、特に男性は少なからず誰しもが、髪の毛の悩みを抱えていると思います。

 

そういう私も若干20才の時に多量の抜け毛と薄毛に悩む深刻な状況に陥り、恐怖と不安を抱えて「薄毛対策」に本気で真剣に取り組みました。

 

その結果、45歳となった今でも薄毛やハゲにならず、自分の髪の毛をなんとか維持する事が出来ています。

 

同じ薄毛やハゲで悩んでいるの方の為に、私が20年以上行ってきた、継続して行っている「薄毛対策」の取り組み方や育毛商品(育毛剤,シャンプー,サプリメント等)の体験談、経験から学んだハゲないための秘訣や育毛に関する真実など紹介していきます。

 

ただし、以下の方はこのサイトを読むよりも、すぐにAGAクリニックや発毛サロンなどの専門のクリニックへ行って下さい。

 

・髪の毛がすでに全て抜けきってしまった方

 

当サイトは、自分の髪の毛はまだ残っているが、将来的に薄毛やハゲになりそうで悩んでいる男性の方に向けた「薄毛の対策や改善」の方法や取り組みを紹介しているサイトです。

完全にハゲてしまった方には申し訳ないですが、このサイトではどうする事も出来ません。やはり、AGAクリニックや発毛サロンなどの専門機関へ足を運ぶ方が最善の対策だと思います。

 

私の簡単な経歴と薄毛との戦いはこちらになります

 

・高校卒業後、すぐに某中堅メーカーに就職(営業職)~18才

・働き出してからなぜか「フケ」「かゆみ」「湿疹」など頭皮のトラブルが発覚~18才

・社会人2年目くらいから「抜け毛」が怖いくらい目立つようになる~19才

*お風呂の排水溝が自分の髪の毛で時々詰まる。~19才
*髪のセットが決まらない日が多くなり、ブラシの部分に抜け毛が多く絡まる。~19才

 

・鏡を見ると生え際やM字のあたりが薄くなっておでこが広くなってきてた~20才

・このままではハゲるかも!?と不安になり、本気で薄毛対策を開始する~20才

*様々な育毛雑誌や書籍を読み漁る
*たくさんの育毛剤、シャンプー、サプリなどを購入して体験
*アデランスやバイオテックヘアーの無料カウンセリングを受ける
*頭皮の健康状態が薄毛対策に重要だと知る

・25年間、薄毛対策を毎日続けていたおかげで何とか自分の髪の毛を現在も維持している~現在45才

 

就職した会社での1年目はとにかく早出、外回り、残業、日曜出勤と、本当に辛く厳しいものでした。

 

営業は会社のノルマ以上の成績を上げてナンボの世界だったので、常にストレスを抱えてましたし、お風呂に入れない日なんてザラにあり、会社に寝泊まりする事もしばしばで、生活リズムは不規則。食事も朝昼晩とコンビニ弁当の毎日。

 

そんな生活が続くと、頭や髪ももろくに洗わないせいか「フケ」や「かゆみ」地肌にブツブツや吹き出物が出来て、誤って爪で掻くとかさぶたになったりして大変でした。

 

同僚によく「頭臭い!」なんて突っ込まれてましたし。

 

最初は仕事の事で手一杯で、髪の毛の事なんて気にもしなかったのですが、仕事にも慣れてきて自宅に帰れる時間も多くなった社会人2年目くらいから、「抜け毛」が気になるようになりました。

 

・お風呂でシャンプーして洗い流すと、排水溝のフタが詰まるほど髪の毛が大量に絡みつく
・ドライヤーで髪の毛を乾かしても、ブラシ部分に髪の毛がたくさん絡みつく
・枕は常に臭く黄ばみ、沢山の髪の毛がまとわりつく
・服にフケが大量について同僚に嫌がられる(特に女性の同僚)
・頭が常にかゆくて、掻きすぎて傷つける事も多々ある
・とにかく頭や髪の毛が臭い

 

19歳の時の私は抜け毛がひどく、もちろん、フケやかゆみ、湿疹も治まってはおらず、相当ヤバイ状況だったと思うのですが、それでもまだギリギリ10代と若かったですし、「ハゲ」とか「薄毛」なんて全く想像もしていませんでした。もちろん、「育毛」の必要性も感じなく。

 

20才を過ぎた頃から、自分を鏡で見てて、髪の毛の異変に気付き始めます。生え際の部分がスカスカになってきてて、M字のあたりも薄くなっており、全体的におでこが上に上がっている感じで。

 

この時からです。

 

「俺って、ハゲるんじゃね?」
「かなり薄くなってきてるし、遺伝か?」
「まさか、俺が若ハゲ?」
「まだ20才だよ・・・(涙)」

 

若干20才になりたての自分が、この時は本当に「ヤバイ、俺の髪!」と真剣に悩み始めました。両親や祖父、家族にハゲはいなかったのですが、母方の祖父はツルツルのハゲで、遺伝性も疑いました。

 

当時はAGA(若年性脱毛症)という言葉も知らなかった自分ですが、若ハゲの道を突き進んでいるのか?と、本当に怖かったですし、不安だけが募りだしました。

 

絶対ハゲたくない!!

という思いで20才の私は本気で「薄毛対策」や「育毛」に取り組みだしました。

 

私が行った薄毛対策の主な内容は・・・

 

・育毛に関するあらゆる雑誌や書籍、参考書を読み漁る

・ネットで育毛や薄毛に関するサイトを見つけては、必死で情報を探る

・薄毛に効果があると言われる「育毛剤」や「シャンプー」「サプリ」を次々と購入して試す

・アデランスとバイオテックヘアーで無料ヘアチェックを受け、自分の髪の毛の状態を知る

・AGAや遺伝も疑うが、近くに専門のクリニックやサロンがないので、まずは自力で自宅で行える薄毛対策に自力で挑戦

・食べ物や飲み物、運動や睡眠など、生活習慣や生活環境を徹底的に見直し改善する。

 

本当に心底ハゲたくなかったので、本気で真剣に薄毛対策に取り組みました。

抜け毛、薄毛、ハゲの原因や対策、改善の方法をネットや書籍で探り、その時の自分の頭皮や髪の毛の状態を見極めて、何を一番行わなければいけないのかを徹底的に調査して実行に移しました。

 

私が薄毛対策を行う上で最も重要なポイントだったのが・・・

 

・頭皮を健康な状態にする

 

だったのです。

 

フケやかゆみ、抜け毛もその主な原因や理由は「頭皮の状態が不健康で悪化しているから」です。正常で健康な頭皮は真っ白い地肌の色をしていて、フケや湿疹などは出る事がありません。

 

当時の私は頭皮がいつも赤茶色でジメジメした感じで、頭皮も固く、地肌を触ると脂っぽいものが指についてきました。

 

頭皮が健康な状態のときは白い色をしているので、わたしは相当、不健康な地肌だったんでしょうね。

 

抜け毛を食い止めるためにまずは「頭皮を健康にする事」が大切だとわかった私は、

 

・正しい頭皮マッサージの方法を勉強し毎日実行する
・育毛シャンプーを購入し色々と試して自分に合う商品を見極める
・育毛剤も色々と購入し、自分に適した商品を探す
・育毛サプリも何個か挑戦し、効果を感じるものを使用。
・自分の髪の毛や頭皮の状態を正確に知りたいので、アデランス、バイオテックヘアーで無料ヘアチェックを試みる

<頭皮マッサージ>
頭皮マッサージは現在でも毎日、寝る前に行っていますが、実はこの頭皮マッサージは「正しい方法で」行わなければ、逆に頭皮を傷つけたり逆効果になる場合もあります。
また、効果が出やすい頭皮マッサージを行う時間や回数などもあるので、後ほど詳しくお話ししていきますね。

 

<育毛シャンプー>
給料も少なくお金がなかった時代ですから、デパートなどで大量に市販されているシャンプーを使っていました。

 

しかし、「無添加・無香料」「育毛成分配合」の育毛シャンプーを色々と試して自分に合った育毛シャンプーを見つけて現在でも愛用しています

 

<育毛剤>
育毛剤は薄毛対策を開始してから初めて使ってみました。

 

こちらも市販の物ではなく、公式サイトから通販で買える安全性や評判、人気の良い商品を色々と購入して試してみて、自分に合った商品を今は使っています。しかい高額で買うのがつらかったです、正直。

 

<育毛サプリ>

育毛サプリも数種類を使って試しました。
今現在は飲んでいませんが、使用していた時のお話など後ほど紹介していきます。

 

<アデランス>
<バイオテックヘアー>
無料のヘアチェックを行いました。頭皮の状態や毛穴の汚れ、詰まり、毛根チェックなどして、自分の髪や地肌の状態がどんな状態であるか知る事がわかりました。

 

また、どんな部分を改善したり対策をとればいいかのアドバイスも聞けたのは心強かったです。

 

20代前半の頃は給料のそのほとんどを育毛や薄毛対策のための商品購入に費やしていたと思います。

 

ですから、育毛サロンや発毛クリニックなどの専門の病院に行く資金は無く、無料ヘアチェック以外は自宅で自力で薄毛対策を25年間行って今に至ります。

 

私は仕事によるストレスや食生活を含めた日常の生活リズムの悪さが原因で、頭皮トラブルや抜け毛が問題になっていました。

 

無料チェックでの診断の結果は・・・

 

・AGA(男性型脱毛症)の可能性は薄い
・遺伝の影響もみられない
・とにかく、生活習慣の悪さと食生活の改善、育毛に良いシャンプーや育毛剤の使用で進めてみる事

 

でした。

 

毛髪カウンセラーから言われた時の事は今でも思い出しますが、フケやかゆみ、抜け毛はひどかったですが、「毛穴」はちゃんと開いているので、AGAや遺伝は可能性が低いから悩みすぎないように!と言われましたね。

 

必要以上のストレスを与えないアドバイスを感じました。

 

25年経った今でも自分の髪の毛を自力で自宅で守り続けて薄毛やハゲになっていないという事は確かに遺伝性やAGAではなかったのかもしれませんが、早期の対策と継続力のたまものかもです。

 

これがAGAや遺伝性の抜け毛であれば、AGAクリニックや発毛クリニックなどの専門機関に行かなければ改善も対策も不可能だったのではないかと思っています。

 

自分に出来る事には限界がありますし、その人によって体質や生活環境も変わるので、全ての人が私の薄毛対策のやり方を行っても、髪の毛を守り続ける事が出来るのか?と言われると答えはNOです。

 

しかし、薄毛やハゲに対して不安や恐怖を感じたら

 

「とにかく1日も早く薄毛対策や育毛を始める」

 

これこそが、自分の髪を末永く守る秘訣だと思います。

もちろん、取り組み方や個人差によって効果の大きさは変わってくると思いますが、
是非、私の方法や体験談、知識を参考にしていただければと思います。

 

 

余談になりますが、私はこの25年間で本当に様々な育毛商品を使ってみました。
その中で確実に分かった事が・・・

 

「育毛剤」は「発毛剤」ではない・・・という事。

「育毛シャンプーや育毛剤、育毛サプリメントを使ってもソレで発毛はしない」・・・という事。

 

ものすごく当たり前の事を言ってるのですが、巷ではあたかも「育毛剤」が

・髪の毛が生える
・発毛する

といった誤解や勘違いが生まれていますが、育毛剤はあくまで「育毛」を促進させる商品であり、育毛シャンプーも育毛サプリも髪の毛が生えている土壌の部分である頭皮を健康な状態に保ち、髪の毛のサイクルを正常にして次の髪が生えやすい頭皮環境を健康に整えるアイテムだという事です。

 

髪の毛が生える商品はあくまでも「発毛剤」であり、プロペシアやミノキシジル、フィナステリドなどの数種の「医薬品」しか認められておらず、「医薬部外品」である育毛剤にはそれだけで発毛させる力や効果は無いというのを正しく認識しておきましょう。

 

 

どんな男性でも女性でも「薄毛」や「ハゲ」に悩む時期があると思いますが、早い段階からの「育毛」や「薄毛対策」を行う事によって、発毛サロンや発毛クリニックなどの専門の病院を必要とすることなく、進行を食い止めたり、現状を維持したりする事が可能です。

 

もちろん、個人差や症状の度合いにもよりますが、進行性の脱毛症でない限りは早めの薄毛対策や育毛対策でハゲや薄毛を食い止めたり改善する事は私の経験上、十分可能です。

 

これが、薄毛やハゲの進行性の強い遺伝性であったり、AGA(男性型脱毛症)である場合はAGAクリニックや発毛サロンなどの専門病院での治療こそが現在では唯一確かな対策であると思われます。無くなった髪の毛を取り戻すには「発毛」させるしか方法がありません。

 

プロペシアやミノキシジル、フィナステリドなどの副作用の心配はありますが、医薬品と認められている「発毛剤」や発毛クリニックでの「治療」によってのみ、発毛は可能なようです。

 

本当の意味での薄毛対策の取り組み方や育毛に関する真実の話を25年間続けている私の体験談や知識を交えながら、大切な自分の髪の毛を守る唯一の方法をご紹介していきます。