ハゲの原因と対策

若ハゲは改善できる!10代でも諦める必要がないその方法論

若ハゲの改善と対策について

10代や20代の若い年齢で襲ってくるハゲ・・・通称「若ハゲ」は気が付いた時にはすでに髪の毛が抜けきっている場合が多いです。

 

中学生や高校生くらいから抜け毛が進行するケースもあれば、20歳前後からどんなハゲ予防や薄毛対策をしても効果が出ず、結果的に若ハゲになる事が多いです。

 

若ハゲは進行性が早いものが多く、「一気に禿げた!」と言う男性も例外ではありません。

 

ここでは、若ハゲになってしまった男性や、将来的にかなりヤバイと感じてる方の若ハゲを改善させる方法や対策について紹介していきます。

 

 

<家系による遺伝性が原因の若ハゲの改善方法>

遺伝による若ハゲだと、対策しても効果がないと思っている方が多いでしょう。遺伝性が原因の若ハゲには改善に導く方法があります。

 

身内にハゲている人がいるかを確認するよりも、確実な対策方法をご紹介します。

 

それは「ハゲになる遺伝子を持っているかを調べる検査」です。

 

遺伝子検査をすると男性ホルモン受容体がDHTと結合しやすい性質があるかを知ることができるのです。

 

発毛クリニックや個人で検査キットを購入して検査できます。

 

遺伝子検査のメリットは口腔内の粘膜を綿棒でこするだけなので痛みがなく簡単にできること、2週間から1か月で結果がわかることです。

 

遺伝子検査の結果、若ハゲを引き起こす遺伝子があることがわかれば、すぐにAGAクリニックや発毛クリニックでのカウンセリングを受けてみるべきです。

 

また、遺伝子が見当たらない場合は、育毛剤や頭皮マッサージなど、自宅で自分で育毛対策を進めて様子を見るのも良いかもしれません。

 

 

<AGA(男性型脱毛症)が原因の若ハゲの改善方法>

AGAが原因の若ハゲはAGA専門の治療を行う必要があります。

 

AGAを放置しておくと症状が進行してしまうからです。

 

 

・育毛剤や発毛剤を使って簡単にケア

自宅で簡単にできるのが育毛剤や育毛サプリを使ったケアです。

 

仕事や学業が忙しくて発毛クリニックに通う時間がない方や、初めてAGA対策をする方におすすめです。

 

育毛剤や育毛サプリメントのほとんどは1日2回の使用で、頭皮マッサージを行いながら頭皮へ浸透させることで今ある髪を元気にしていきます。

 

育毛シャンプーと併用して、最低でも半年以上は継続する必要がありますが、育毛の実感が期待できます。

 

ただし発毛剤に関しては、薬品に分類されているため、18歳未満の方は使用できない場合があります。

 

自分が使用する発毛剤に年齢制限がないか確認してから使用してください。

 

 

・薬を使ってAGA治療

育毛剤よりも効果が高い対策は発毛効果の高い薬を使った治療です。

 

AGAの薬の治療は、フィナステリドやミノキシジルが使われています。

 

フィナステリドは内服薬でAGAの原因である5αリダクターゼを抑制する作用があります。

 

外用薬のミノキシジルは頭皮に浸透すると血管を拡張する作用が出るので、髪に必要な栄養を運搬しやすくなり、髪の成長を促します。

 

これらの薬は発毛クリニックで処方してもらう事ができます。

 

個人輸入で入手することもできますが、専門の医師に自分にあった薬の量で処方してもらう方が安全(勃起不全や血圧低下などの副作用が出るため)です。

 

 

・植毛を行って確実に髪を増やす

薬の内服よりも確実なのが植毛による治療です。

 

植毛には自毛植毛(自分の後頭部の髪を薄毛部分に移植)と人工毛植毛(ポリエチレンなどの素材からできた人工毛を移植)の2種類があります。

 

現在は自毛植毛が一般的ですが、費用は育毛剤や発毛剤などの薬の使用に比べると高いです。

 

左右の生え際に移植するだけでも500,000円以上の費用が必要で、植毛範囲が増えると1,500,000円から2,000,000円を超える場合があります。

 

しかしながら、自毛植毛を行うと髪が移植部位に定着するので、確実に髪は増えるのでAGAを治す効果が高い対策です。

 

 

<生活習慣などが原因の若ハゲ改善方法>

生活習慣が原因の若ハゲ対策は、原因となっている生活習慣を改善することです。

 

・バランスの良い食生活を心がける

髪の成長にはタンパク質やビタミン・ミネラル類を摂取してバランス良く食事をすることが大切です。

 

しかし忙しさでバランス良い食事を摂れない方や自炊が得意ではない方がいると思います。

 

そこでおすすめしたいのが育毛サプリメントです。

 

育毛サプリメントには髪の栄養素として重要な亜鉛やビタミン類が豊富に含まれています。

 

普段の食事だと亜鉛を摂取することはなかなか難しいですが、育毛サプリメントを使って簡単に髪に必要な栄養素を摂取できます。

 

 

・睡眠時間を確保する

髪のためにも身体のためにも睡眠時間の確保は必要です。

 

若ハゲ対策のために1日のスケジュールを見直して、普段よりも睡眠時間を多くとるように意識してみてください。

 

寝つきが悪い方は快眠に効果があるカモミールティーを就寝前に飲んだり、ラベンダーやネロリのアロマオイルを寝室に置くと良いです。

 

 

・ストレスを発散する

趣味の時間を楽しんだり、運動するなど自分がストレスを発散できる方法を見つけましょう。

 

友人とたくさん話をすることでストレス発散できる方もいれば、一人で好きな音楽を聴くことでストレス発散できる方もいます。

 

また運動は全身の血流を良くして、爽快感を得ることができます。

 

特にウォーキングは簡単に取り入れることができるのでおすすめです。

 

1駅早く下車して歩いてみる、近くの場所へ車で移動していたのを歩いて移動するなど少し工夫するだけでウォーキングができて運動不足解消につながります。

 

 

<まとめ>

若ハゲを改善する方法は、ハゲになっている原因をまずはしっかりと突き止めなければなりません。

 

一般的に10代や20代の若年層で多いハゲは「遺伝」や「AGA」と言われていますが、全ての人が当てはまる訳ではないので、しっかりと原因を追究しましょう。

 

自分では原因がわからない場合は、育毛サロンや発毛クリニックなどで行っている「無料カウンセリング」を利用して、頭皮や髪の毛のチェック、カウンセラーとの相談で解決することが出来ます。

 

自分が若ハゲだから・・・と、あきらめる前に、出来る事から始めてみましょう!